2017.08.01 Tuesday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2012.06.18 Monday author : うめ

完敗

イカを食べたかったので先週に引き続き出動 今回はイカリングサイズが期待できる大蔵海岸へ

午後3時頃現地到着 サバタックル:2、イカエサタックル:1  エギングタックル:1 

デポ前に駐車 以前値上がりしていたけどまた500円/24hに戻っていた

ラムー裏が空いていたので適当に釣座を確保、サバタックルを嫁さんに渡して空いているうちにキャストの練習をさせる、その間にタックル準備


そよ風が吹いていてそれなりに天気は良いけど暑さが気にならない気候でした

4時過ぎから2.5ヒロのウキ下で適当に流して様子見 

6時過ぎにイワシのボイルが散発的に発生するけど遠すぎ


7時半過ぎから本気なイカ釣りに入る、ウキも2サイズ大きくしてエサも2段にしてタナを探し
しか〜〜〜〜し 30人くらい釣りしているけどサッパリ.....

2時間程粘って終了


アタリ、エサ取りすらない完封負けでした

橋は相変わらず綺麗







| 釣り | 10:28 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
2012.06.15 Friday author : うめ

MTBで頭は浮かれているだけでは無い

MTBも無事前に進んでいる事で、そろそろ開幕間近のサバ戦の準備をグイグイ進める
※例年ならとっくに始っているが....今年は接岸が遅れている



昨年からチビチビと買い込んだジグやら小物やらが気がつけば膨大な数になっていて
4ケース程になっていたので、冷静に分析して、レギュラーとサブ その他に分別
持ち出し用1ケース 車載用2ケース  ストック1ケース

今年の主戦場は淡路と決めているけど激流の岩屋〜翼港は除外してサバらしいタックルで
釣りをしようと思うので当然ながらライト?なタックルでシーバスロッドの硬め
まあ、シーバスはやらないのでサバ専用タックルと言える 
リールは冬の間にラインを入れ替え過ぎて、高性能なリールには極細ラインを巻いていて
サバに適当な1.2〜1.5号が1組しか無かったので、嫁さん用にSufix832っちゅう150m 3500円もする超高価なラインを買ってきて嫁リールのフリームス2508SHに巻く  ちなみに普通のPEは1500円前後なんだけど1.5号で約22ポンドの強力に加えて、コシがあるので使いやすそうな感じ、上手くやればメジロも余裕と思うが嫁さんは引きづり込まれる予感w

このラインの弱点は高価な事はさておき、150mしか販売されていない、普通のPEの様に300mなら高切れしても残りが200mはあるのでそのまま使えるけど150m巻きは遠投することが多いサバジギングでは、高切れ=ライン終了 っていう悲劇が待っているので 300mで8000円でも躊躇なく(少々あるが....)買えるが、150m巻きはかなり勇気が要るのですw

とりあえず後はロッドを積み込めばOKな状態になりました  サバさん早く淡路に来ておくれ
大蔵海岸なな尚よし




| 釣り | 16:11 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
2012.06.09 Saturday author : うめ

スルメイカ 釣り

今年はスルメイカが好調らしいので、久しぶりに行ってみようと思って日曜の昼過ぎに嫁さんと出発

釣れだすのは夕方以降なので、道中は昼食を食べたり釣具屋で小物を買ったりしながら大蔵海岸に着いたのが、15時前というチンタラぶり。
ベランダを覗いてみると、ソコソコ人が居て釣り難そうだったのでラムーで飲み物を調達して兵庫突堤へ移動。 途中の釣具屋でエサであるキビナゴを購入して最終準備完了


兵庫突堤に着くと釣具屋で良い情報が出ていた岸壁は先客でソコソコ埋まっており、回遊魚(イカ)なんで裏側でも良かろうと思ってガラガラの南側に釣座を確保

さて、4年ぶりのエサでのスルメイカ釣りなんですが、以前の仕掛けが使えそうだったので
そのまま使おうとしたところ、浮き止メゴムが劣化して使いものにならなかったので、慌てて近所の釣具屋へ。 
明るいうちは普通のウキを使い、ウキ下は3ヒロでスタート 潮はほとんど動いていないので
放置したままエギングの準備 スルメイカのサイズは10〜15cm程なのでアジングロッドに
2寸のエギをセット1組  エギングロッドにエサ巻テラーを1組準備しているとウキが変な動きをしてうけどスルー  しばらくして回収してみるとエサのキビナゴは綺麗に背骨を残してスケルトンになっていました..... どうやら深場には居る様子
エサを付けかえて準備続行  ウキに異常なし

2セット準備できたので、エギタックルを嫁さんに渡して私はイスに座ってノンビリモードに入る
しばらくして1匹目ゲット

このあとサッパリな時間帯が続き、19時頃からポツポツと釣れ出す
なんだかんだで12匹(ハイ)釣って21時すぎに打ち止め

帰宅後は小さなスルメイカをチマチマと処理、沖漬けってイマイチ好きになれないので
カレーと焼きそばの具になりました


大蔵海岸やアジュールだと潮流が速いのでせわしないつりになりますが、兵庫突堤は
ノンビリファミリーフィッシングにはピッタリでした



| 釣り | 14:37 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
2012.04.30 Monday author : うめ

妻鹿漁港でボウズ

少し時間があったので、近所の妻鹿漁港にチヌゲーに行ってきました


ロッド   プラボンボンMAX
リール  カルディアKIX2500
ライン  PE0.8号+リーダー フロロ3号 
ルアー  自作ボンボン他 

以前から狙っていたポイント付近は潮干狩りに飽きた若者達が石やら木切なんかを投げまくって
遊んでいる.... 終わった  干潟から続く汽水域で超有望ポイントなんだが


仕方なしにウロウロと漁港内でキャストを繰り返す、サビキにすら掛らないベイトが溜まっている
所もあるけど、フィッシュイーターの気配は無し

2時間程粘ったけど何の成果も無く無念の撤退


しかし、キャストが驚くほど下手になっていました。 ショアジギくらいしか行っていいないんで
精度とかは関係なかったが、マジでヤバイ



| 釣り | 17:04 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
2012.04.26 Thursday author : うめ

長靴は有るけど

 合羽を買ったので、滅多に使わない長靴を引っ張り出してみると洗車用の長靴がゴムが劣化してひび割れまくりで貫通寸前でした。 こいつはすぐに廃棄処分

マズイなぁ〜他に無かったっけ?と思って趣味部屋をゴソゴソすると、フエルトスパイクが1足とラジアルスパイクが1足でてきた、あとフエルトスパイクのシューズも1足 
ついでにウェーダーが3着 


肝心のラジアル底の普通に使える長靴が1足も無い! 今まで偏った釣りしかしていなかったんだなぁ〜と思う


とりあえず普通の長靴は場所をとるのでショートブーツを探して近所の釣具屋へ

リバレイのRLショートブーツ がコスパ、サイズ共に満足したので購入 


これで、今年の雨対策はバッチリですわ〜〜
ここまで準備したからJ1朽木は晴れ間違いなし!  




| 釣り | 18:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2012.04.23 Monday author : うめ

合羽を買う

 ここ数年の懸案であった釣り用の合羽を5〜6年ぶりに買い替えました

それまで使っていた合羽は船釣りで酷使したのでお尻の部分が擦り切れ気味で防水性が無くなっており合羽を着ていてもお尻から浸水という非常に不快な状態だったものの、この2〜3年は船釣りも年に1階のみで、そのためだけに買い替えるのもなんだかなぁ〜と言う感じでした。 陸釣りは雨ならマズ行かないしないんで。 そんな訳でズルズルと釣具屋のセールの度に買うぞ買うぞと勇んで行っていたのですが、決め手に欠けていたのです。

モンベル、パタゴニアと梯子したものの、結局は釣りメインなので釣具屋で購入

モンベルとかパタゴニアの合羽は、やっぱり釣り前提で使う事を考えると、細々としたところに不満が
出てきます、まず決定的なのが袖口の処理が全くダメ。 高い位置で竿を持ち続けるショアジギングだと袖から水がジャブジャブ入ってきてしまうのです。 あとウェーディングしたときも同じく

釣り用ならこんな感じで2重止水なんかもあるし、袖口も絞り気味なんです

加えて止水ファスナーの使用率が高いのは嬉しい
折り返し+マジックテープの仕様はホンマにめんどくさい


でまあ、某有名プロプロデュースの合羽に決まりました

という訳で何時使うかは全く不明な合羽ですがミッション完了
なんとなく、J1朽木で活躍しそうな予感





| 釣り | 12:02 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
2012.03.26 Monday author : うめ

チョイ釣り

 昨日の外出からの帰り道 このところ日没も遅くなったので天川手前まで来ても十分明るかったので先日から量産中のチヌボンボンを試してみることにしました


ロッド     MAXオリジナル プラボンボン
リール    カルディアKIX2500
ライン     PE0.8号+フロロ12ポンド 1m
ルアー    ボンボンもどき+クローワームのボディカット

鉄橋手前で護岸へ降りて橋脚付近へキャスト チョンチョンズリズリ  2投目早くも地球をフッキングしてロストです
予想通りの展開なんで、リグってキャスト  数投後またしても根掛かり。 

風も強いし薄着での釣りだったので寒さに耐えきれずコレで終了


自作ボンボンチヌゲー
う〜〜〜ん 10g超のボンボンならもうチョッと強めのロッドのほうが良い感じ バスロッドのテキサスリグ用が使いやすいかな? テップの感度がよければバッチな感じ ピンポイントで釣って行くならベイト使用もありと思った
今回は底がカキ殻だらけの釣り場だったんだけど、こんなところは効率が悪くても軽めのボンボンでフワッと底をズル引きさせたほうが、根掛かり対策としては有効かもしれない。 リーダーを太くしても一撃で切れるんで感度重視で12ポンドか16ポンドくらいが妥当

しかしまあ1個700円のボンボンだけで一晩通しでやったら10個のロストでは済まんやろうなぁ
一晩どころか3時間もつかな? 


とりあえず天川の根がキツイところはMKリグ一択かなっと








| 釣り | 17:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2012.03.20 Tuesday author : うめ

密造中

 昨日の続き



ベースの白or赤やらを塗ってからラメを塗って乾燥 クリアーでも良いんだけどラメが魅力的w


部屋が臭くなるので5〜6個が限界だす

塗装が硬化したらラバーを巻いてフックを付けたら完成 
クリアーを2度塗りする方が良いんだけれど、根掛かりとの戦いなので仕上げはソコソコで
手間とコストを削減しています


材料
0.7mm〜0.9mm ステンレスワイヤー ヒートン&アイ用 100均
0.3mm ステンレスワイヤー ラバー固定用 100均
紙ねんどor小麦ねんど 本体かさ上げ用 100均
マニキュア お好みの色 ←水性ペンキ等でも良いけど手軽さと硬化時間の短縮でマニキュアが楽
黄色や深緑を塗りたいが......売っていなかった

ラバー  ラバージグ用 ファインラバーがオススメ 太いのはイマイチと思う

鉛 丸玉  1号〜2号くらい 3.75g〜7.5g 

道具
ニッパー
ラジオペンチ
ハサミ

タイイング用のバイスが有れば楽ちん 
乾燥用の写真の様な整理用ワイヤー棚 100均


ステンレスワイヤーは釣りの天秤用は硬過ぎて使いものになりません、ネジると破断したり
硬過ぎて加工が大変。 100均クオリティで十分で色々な太さを試す


鉛丸玉が1.5号が無難な感じで、それなりに完成するとトレーラー込みで10g前後になり
アジングロッドorエギングロッド流用でなければ扱いにくいです
メバルロッドでも硬めの掛け調子なら何とかイケル?




丸玉に粘土を塗るときは、薄く塗る方が形が整えやすいですが、均一にならなくてもOK 偏芯したのを利用して根掛かりし難いアイの位置にすれば一石二鳥です。

フックはスピナベ用 トレーラーフックがアイの部分が細くてスプリットリングが小型化しやすいけど
チヌ針や伊勢尼の管付で適当なサイズがあればコスパは良いしメッキが強いのでさび対策には良い
ただ、ロスト率が非常に高いので錆びる前に根掛ってロストする方が多いと思います


製作費は余裕で1個100円未満で市販品の真正ボンボンの1/7〜1/10です
これで根掛かりも気にせずタイトな釣りが出来ます! と言いつつ何時行くのだろう(笑)




| 釣り | 14:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2012.03.19 Monday author : うめ

ボンボンのようなモノ

チヌゲーに行こうと思いつつもなかなか行くタイミングが無い今日この頃ですが


ヒマに任せてチヌボンボンのコピーの製作



とりあえず完成型 トレーラーを含めて約10g

なるべく趣味の悪さを狙って作りましたw 


極小のスプリットリングは老眼には辛いわ〜〜〜〜〜w 若干サイズアップしないと全く見えません



真正チヌボンボンを含め市販のチヌゲールアーのフックは細軸が一般的なのは少し疑問
繊細なエサ釣りの方が太軸を使っている、ルアーが根掛かりしたときにフックが伸びるのを期待しているのか? フックより本体がガッチリ根掛かりしそうなんだけど。。。。。






チヌゲー 
メバルロッドでは柔らかすぎるし、エギロッドでは硬過ぎる ホンマにスキマなタックルが要りますが
もうちょっと、ゲーム性というか戦略が多い釣りなら釣具業界も気合が入ると思うけど、まだまだ隙間な釣りの域を脱していないな。 プラッキングが確立されたらブレイクするかもしれん。 

某ショップオリジナルな チヌプラッキングロッドを購入しました 
でも、ボンボンメインでトップで遊ぶのが多くなりそうな予感がするのですが、ボンボン専用ロッドは、振った感じでどうしても好きになれずプラッキンロッドにいった。 初夏のサバで使うと面白そうで使い回しが利く感じです、掛け調子では無いけどイカナゴを偏食しているサバには良いと思うし、乗せ調子の硬めって感じ。  こいつにダイワのカルディアKIX2506+PE0.8号 リーダー3号 
干潟&牡蠣殻が多い所だとリーダーはもうチョッと太くて、4〜5号



| 釣り | 11:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2012.02.07 Tuesday author : うめ

タッチー ロッド

昨年はショア系ロッドを一新したので今年はオフショア系のロッドの更新&追加

第一弾 太刀魚ロッド 
パームス エルア MTGC-632T 
超標準的な60〜150gまでのスタンダードモデル 大阪湾の太刀魚って意外と重めのジグが必要になるんよねぇ〜。 
年に一回しか行かない太刀魚ジギングなんで、コレ一本で乗りきる
太刀魚の釣り自体は本気と言うかメインな釣りとして取り組んだ事が無いので、正直なところ
使いたいロッドのイメージが沸かない、リールについてもスピニングなのかベイトなのかサッパリ好みの
判断すらつかない。  今年も太刀魚シーズンはバタバタすると思うけど何とか時間を見つけて船に乗りたいが、例年通り1回ってパターンぽいなぁ



次はマダイロッドやなぁ  
過去鳴門に一回行っただけだけど桜鯛シーズンに行ってみたい



そう言えばパームスのロッドは10年ぶりくらいかもしれん、コーラルスター7016i以来
コーラルスターは気にいっていまだに使っている、以前はショアでもフォロー用として活躍したが
最近はフォローはシーバスロッドをフォローにもってこれるまでシーバスロッドとリールの性能が
上がって出番は無くなりつつある。 本来の用途のシイラやカツオのキャスティングに行きたいけど
一緒に行くメンツが揃わないんで今年も出番が無いだろう

| 釣り | 10:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |